2011年07月29日

アメリカでの有給インターンシッププログラムはあまりオススメ出来ない!


ロサンゼルスインフォではロサンゼルス、サンフランシスコで
有給インターンシップのプログラムを取り扱っている。

 

でも提供していながらいうのもなんだけど、

このサービスは多くの人にはオススメできない。

 

個人的な意見として聞いてもらいたいのだけど、

アメリカで働く企業を日本でみつけるといった、

有料インターンプログラムは非常にリスクが高いと思う。


実際に企業や雇用される側の実態が分からないまま、
雇用関係が結ばれるのでミスマッチの可能性が高くなってしまうからだ。

・給料が安い(1000ドルから1500ドルが普通)

・行ってみたら日本語でしか仕事してない
・ビザサポートあるっていってたけど、全然話と違う。
・アルバイトレベルの仕事しかできない

なんてこともザラ。

 

しかも日本で企業紹介、Jビザ申請代行などを頼むと費用が高い。
50−80万円ほどが相場。(ロサンゼルスインフォは40万円以下)

 

さらに言えば、実際にいった後、企業を変えたいと思っても自由は利かない。

変えられても、またお金も手間もかかる。

じゃあ、どうするか。

企業はアメリカに行ってから決めるのが無難だと思う。

 

はじめは学生ビザでいいかもしれないし、
ビザなしでもいいかもしれない。

 

行って自分の目で企業を見てから、

理想は無給でもいいから働いてみてから仕事を決める。

 

ビザも現地で変える(正確にはステータスを変えて働けるようにする)

 

入国してちゃんと会社で重宝される人材になれば研修ビザじゃなくて

ちゃんとした労働ビザをサポートをしてくれるかもしれないしね。

 

posted by YOHEI at 14:09| Comment(1) | TrackBack(0) | ただの日記

2011年07月19日

おめでとう、なでしこJAPAN!


アメリカ留学とは関係ないが、昨日のサッカーは感動した。
スポーツの勝敗は技術やコンディション、運などが決めるものと思ってはいたが、

やはりこのタイミングでこんなにも何度も奇跡的なシーンを見せられると、
今の日本の状況がそうさせたと思わざるを得ない。

おめでとうなでしこJAPAN

posted by YOHEI at 08:39| Comment(1) | TrackBack(0) | ただの日記

2011年07月07日

潰れて良くなったGEOSアメリカ

今日はGEOSに顔を出してきた。

この学校、ご存知の通り、去年だったか一昨年だったかに

日本で潰れたGEOS(ジオス)のアメリカ校。

 

 

日本のGEOSが潰れた後、GEOSオーストラリアも続けて倒れた。

 

 

アメリカもそのまま潰れていくと見ていたので、ロサンゼルスインフォでは

お客さまに紹介するのを控えていたのだが、それから1経っても、2年経っても潰れない。

 

 

うーん。総客の中心は日本だったはず。

その日本が潰れてしまった今、経営は大丈夫なのかなこの学校?

 

 

とうい訳で、久しぶりにロサンゼルスのトーランス校に立ち寄ってみた。

 

 

すると、、、、

 

 

あれ、あれ、結構生徒さんがいる。

 

ヨーロッパ系の若ものが多い。

南米系か、最近どこの学校でも多くの比率を占めるサウジアラビアか、

ちらほらと中東っぽい生徒もいる。

 

 

おお、なんだか人種のバランス(日本人にとって)良くなったなという印象。

 

 

皮肉にも日本校がつぶれてしまったので、うち同様、

日本のエージェントは怖くてアメリカ校の紹介は恐らくストップしているであろう。

 

それが、影響してか、昔は日本人だらけのこの学校、

日本人はおろかアジア系の人種が見えない・・・。

 

 

 

アメリカ校は日本校とは資本関係がなく、アメリカ独自の経営と聞いてはいたが、

大分企業努力をしたんだろうな。

 

 

日本が潰れて数十%は売上減ったろうに・・・

 

アッパレである。