2011年10月28日

留学前の英語勉強法

「留学前にどんな(英語の)勉強しておくべきですか?」

カウンセリングをしている際に良く聞かれることですが、自分はこう答えるようにし
ています。

英語脳(英語を英語で考えられるようになる)にしていくトレーニングは、
実際に「聞く」「話す」をどれだけしたかが重要だと思います。

これについてはやはり、英語漬けに出来る「留学」が一番の近道。
生活の中で上達していきます。

じゃあ、日本にいる間に何が出来るか?


自分からお勧めするのが
渡航してすぐに使えるような、簡単なボキャブラリーや言い回しを覚えること。

覚えることは日本でやっても現地でも同じことだからです。
(もちろん生活の中でも使っていくので頻出語彙の記憶効率自体は良くなると思いま
すが)

自分もこれをやってなかったので多少時間を浪費しました。
皆さんにはぜひ、これをやっておいてもらいたい。

ただし、注意して欲しいのが、当初は本当に簡単な、
頻出語彙、パターンの勉強(のみ)をしてください。
生まれたての赤ちゃんが覚えるような言葉ですね。

物理の授業でしか出てこないような「重力」「絶対零度」とか
社会でしか触れないような「刮目せよ」「鑑定する」
などの中上級ボキャブラリーは日常ではあまり使いません。

これらは大学受験に必要だったかもしれませんが、
話せるようになることがゴールの人にとっては、
あまり効率的な勉強法とは言えない場合が多いからです。

試験対策に必要ならば別ですが・・・使わないと脳はすぐに忘れていくので!!

ちなみに、英語脳にするトレーニングは、
今まで学んだことをアウトプットしながら、脳に定着させていく意味合いが大きいと
言えます。
現地にいってからも当然勉強できますが、日本で詰め込んでおくと
さらに現地での上達が早いと思います。
posted by YOHEI at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ただの日記

2011年10月26日

首都圏の偏差値マップ

hensachi.gif

起業とも留学ともロサンゼルスともアメリカとも全然関係ありませんが、

面白いのでシェアします。

 

首都圏のエリアごとの大卒率や偏差値をマップ化したページを発見。

非常に参考になりますのでぜひ覗いてみてください。

 

詳細↓

http://kishibaru.cocolog-nifty.com/blog/gakureki_shutoken_mr.html

 


posted by YOHEI at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ただの日記

2011年10月12日

アメリカ留学説明会を終えて

写真は先週末、大阪で行なってきた留学説明会の様子です。

説明会講演の後に行うカウンセリング希望者が同日9件もあり、
休みなしの12時間しゃべりっぱなしでした。

説明: http://full.mi.mixi.jp/media/file/fulltime/2cb599c1003c9378164a57288a2ee57e1ba24f44_6_69730042_72_medium.jpg


食事も取る時間のない忙しさでしたが、
こういう忙しさはお役に立てている実感があり、
気持ちが良いですね。

今週末は東京、来月には名古屋と再度大阪でも説明会があります。



今や英語力や国際感覚の必要性は誰もが感じていること。
こんなこと言うまでもないですが、
30
年後にはお爺ちゃん、お婆ちゃんだらけになるこの国で、
日本の労働力補充は必須。

外国人が今の数倍になり、彼らと職場を共にすることが
普通になると思います。

そんな世の中を見据え、多少は体に鞭打ってでも
全国行脚頑張りたいと思います。

-->
posted by YOHEI at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ただの日記