2012年01月25日

留学資金が足りないという方へ

留学資金が足りないという方。

低金利で手続きも簡単な国の教育ローンがあります。

 

高校や大学・各種学校などへ進学するための諸費用や、

在学中の授業料・滞在先などに必要な

資金を融資してくれる公的制度です。

 

この制度、海外の学校への留学資金でもOKで、

2%前後の金利でお金を貸してくれます。

 

しかも元本は帰国後でも良いので非常に便利です。

 

【ローン名称】教育一般貸付

【融資可能金額】300万円以内

【金利】2%前後

【借入期間】15年以内

【返済方法】元利均等返済(元金据置可能)

【融資条件】

 

■融資対象者/融資の対象となる学校に入学・在学生の保護者

■資金用途/留学先の入学金、授業料、施設設備費、教材費、パソコン購入費、渡航費など。融資後1年の間に必要となる教育費が対象

■融資対象の留学条件/大学院、大学、短大。
条件次第で語学学校、専門学校も可能

 

ちなみに銀行の教育ローンは大体倍程度の金利になるので、

可能であれば、先にここで可能かどうかを確認すると良いと思います。

 

http://www.jfc.go.jp/k/kyouiku/index.html

 

posted by YOHEI at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ただの日記

2012年01月23日

東大で秋入学開始の意味

東大で秋入学を開始しましたね。

これで東大への海外の留学生も、日本からの留学もしやすくなります。

 

この背景には、今までの受入留学生の比率にあるようです。

米ハーバード大が10%なのに対し、東大は1・9%。この現状は、
東大の国際的評価に起因し、世界の大学ランキングで、
東大は2005年の19位から11年には25位に下がり、香港大に抜かれてしまったようです
(英国の教育・就職情報会社)。

 

ただ、逆を言えばこれは日本の国際社会が本格化しているとも言えます。

 

だって、東大生の10%が外国人になったら、その後日本の企業に就職して行く人も

外国人が増加するということ。

 

東大ぐらいだと当然幹部まで上がる人も増えるでしょうから、

当然、雇用される者も外国人であるケースが増えるでしょう。

 

ますます国際競争力のない日本人が

取り残される時代になっていきますね。

 

 

posted by YOHEI at 06:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ただの日記

2012年01月02日

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

2005年、ロサンゼルスで留学の仕事をはじめてから7年が経とうとしています。

ひと昔前の話。残念なことですが、「留学会社を使って良かった」
そう答える人はあまりいませんでした。

それは『料金』と実際に提供している『サービス』とのバランスが
悪かったからです。

「お値段以上ニト◯!」の逆。
お値段以下が留学業界の普通の水準だったのです。


「お値段以上の留学業界に」

当たり前のことですが、そんな当たり前が出来る業界にすべく、
今年1年も全力を尽くしてまいりたいと思います。

ここフェースブックでも有益な情報をお届けできるように
頑張りますのでどうぞよろしくお願いします。

謹賀新年
大塚庸平
posted by YOHEI at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ただの日記