2011年08月11日

専門性とブランディングの必要性について

先日、兄貴分で作家の立入さんにお誘いを受けて、
勝間和代さんとお食事をいただく機会があった。


そこで専門性を持つことの重要性と、
ブランディングの重要性を認識したので、
ちょっとブログに書いて見る。


その時のメンバーは9人ぐらいいたんだけど、作家や大学教授、
外交官とその他広告代理店の方という感じ。


katsuma2.jpg

まあ、元々、このメンツで話題に加わることはかなり勇気がいること。


言うまでもなく勝間さんは日本を代表する評論家(コンサル?)だし、
その他メンバーも教授とか外交官とか、強い専門性を持つ面々。

キャラも相当濃い(笑)

会話に入るのも相当のコミュニケーション能力と知識が必要。

自分もこういう場は苦手じゃないつもりだったけど、
話についていくのがやっと。


想像してみてよー。朝まで生テレビに出演してる姿(笑)

しかし、、、そこで横を見ると果敢に存在感を示す、立入さん。

おー、やるなーと感心。


「◯◯ついてどう思いますか?」

「(立入さんに)どんなふうにソーシャルメディアを活用されてますか?」

「アメリカではどのような感じですか?」


と言った質問に的確に答えていく。

そもそも、この場でそういう話をふられるのも
専門性を持つという認識を持たれているという現れだし。


彼はビジネスマンというよりはソーシャルメディアや、アメリカを専門とする
作家、ブロガーという類だから当たり前なのかもしれないけど、それにしてもやる。


そこで思ったこと。


こういう場では当然のことながらコミュニケーション能力が土台となる。
(事実、この場を仕切っていたのは広告代理店の方。
異常に高いコミュニケーション能力で会話を引っ張っていた)


しかし、まあ、当然のことなんだけど
これに加えて高い専門性とブランディングを持っていることが、
こういう場ではすごい武器になっているのだと再認識。

自分は今34歳だが、これまでの人生やビジネスキャリアで
どれだけのキャリアや専門性を持ったか?
またそれを証明するものとしての肩書きがあるか。

本の著者になるかは別として、
自分の人生と未来設計を考えるきっかけとなった1日でした。

この記事へのコメント
http://xn--cckl9h3crd209w1j1c.net/001.html
年齢は問わないよ!気軽に絡みまくってぇ
Posted by ムラムラ(>Σ<)☆ at 2011年09月17日 02:19
http://infobar.okokyo.info/002.html
相談相手求めて、大人の遊びをご堪能☆
Posted by あっちゃん at 2011年09月28日 16:20
http://hhh.dfnerv.com/
今日も待ってますうヾ(≧∀≦☆)!
Posted by ありがとー☆ at 2011年12月31日 22:28
http://omanko.gg-job.com/
彼氏いない歴=年齢でHは一切した事がないです。
Posted by 遊んじゃうぞ☆ at 2012年01月07日 22:55
http://adult.haganen.net/
いっぱぃおしゃべりしよぉねo(*^▽^*)o~♪
Posted by なんでもきいちゃぅ at 2012年01月12日 19:40
qvtpucmph, <a href="http://savvypatient.org/">Escroquerie options binaires</a>, URQnbNb, [url=http://savvypatient.org/]Definition options binaires[/url], ssxyUbB, http://savvypatient.org/ Options binaires forum, QFtgtTd.
Posted by Meilleurs courtiers d'options binaires sur le marchテδゥ selon divers テδゥlテδゥments pour vous aider at 2013年02月14日 09:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47313196
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック