2011年08月28日

「お値段以上、ニトリ」はビジネスの基本。

ニトリのキャッチコピーはビジネスの原点だと思う。

「お値段以上、ニトリ」

お値段以上の後には、「価値を提供する」とか「得がある」
といった表現が入る(と思う)

これはどんなビジネスをやるにも基本だと思う。

100円払って、その人が感じる150円の価値を提供出きていれば
客は得をした感じる。

100万払ったお客さんが101万円以上の価値を感じれば満足をする。

これが顧客満足度と言うわけだが、
これを100%のお客さんに対して提供出来ていれば
そのお客さんは必ずファンになり、必要となった時に
リピーターとなってくれるし、お友達を紹介してくれる。

経営者はビジネスをやる以上、
常にこれを目指していかなければ行けないし、
時代の流れに合わせて提供している商品やサービスを変えていかなければいけない。

自分がいる留学業界もそう。

自分たちもも常に、「お値段以上の価値を提供できているか?」
自問自答していかなければいけないと思う。


ちなみに留学業界で言えば、
やはりネットが時代を変え、20年前とは適性価格も
提供すべきサービスも変わっている。

ある程度の留学準備は自分でも出来る昨今、
提供すべきは個人では入手できないような
「情報」と「安心感(現地でのサービス)」だと思う。

幸い我々はお客さまからは無料でサービスを提供しているので、
顧客満足度は100%に近い自信はあるが、
すべての留学会社がそうなる、そんな業界になれば良いなと思う。
この記事へのコメント
大塚さんなら、顧客満足のさらに上の「顧客感動」を提供できると思います。さらに邁進してください!
Posted by hisako at 2011年08月28日 23:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47595574
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック