2011年10月28日

留学前の英語勉強法

「留学前にどんな(英語の)勉強しておくべきですか?」

カウンセリングをしている際に良く聞かれることですが、自分はこう答えるようにし
ています。

英語脳(英語を英語で考えられるようになる)にしていくトレーニングは、
実際に「聞く」「話す」をどれだけしたかが重要だと思います。

これについてはやはり、英語漬けに出来る「留学」が一番の近道。
生活の中で上達していきます。

じゃあ、日本にいる間に何が出来るか?


自分からお勧めするのが
渡航してすぐに使えるような、簡単なボキャブラリーや言い回しを覚えること。

覚えることは日本でやっても現地でも同じことだからです。
(もちろん生活の中でも使っていくので頻出語彙の記憶効率自体は良くなると思いま
すが)

自分もこれをやってなかったので多少時間を浪費しました。
皆さんにはぜひ、これをやっておいてもらいたい。

ただし、注意して欲しいのが、当初は本当に簡単な、
頻出語彙、パターンの勉強(のみ)をしてください。
生まれたての赤ちゃんが覚えるような言葉ですね。

物理の授業でしか出てこないような「重力」「絶対零度」とか
社会でしか触れないような「刮目せよ」「鑑定する」
などの中上級ボキャブラリーは日常ではあまり使いません。

これらは大学受験に必要だったかもしれませんが、
話せるようになることがゴールの人にとっては、
あまり効率的な勉強法とは言えない場合が多いからです。

試験対策に必要ならば別ですが・・・使わないと脳はすぐに忘れていくので!!

ちなみに、英語脳にするトレーニングは、
今まで学んだことをアウトプットしながら、脳に定着させていく意味合いが大きいと
言えます。
現地にいってからも当然勉強できますが、日本で詰め込んでおくと
さらに現地での上達が早いと思います。
posted by YOHEI at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ただの日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/49475385
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック