2012年01月23日

東大で秋入学開始の意味

東大で秋入学を開始しましたね。

これで東大への海外の留学生も、日本からの留学もしやすくなります。

 

この背景には、今までの受入留学生の比率にあるようです。

米ハーバード大が10%なのに対し、東大は1・9%。この現状は、
東大の国際的評価に起因し、世界の大学ランキングで、
東大は2005年の19位から11年には25位に下がり、香港大に抜かれてしまったようです
(英国の教育・就職情報会社)。

 

ただ、逆を言えばこれは日本の国際社会が本格化しているとも言えます。

 

だって、東大生の10%が外国人になったら、その後日本の企業に就職して行く人も

外国人が増加するということ。

 

東大ぐらいだと当然幹部まで上がる人も増えるでしょうから、

当然、雇用される者も外国人であるケースが増えるでしょう。

 

ますます国際競争力のない日本人が

取り残される時代になっていきますね。

 

 

posted by YOHEI at 06:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ただの日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/53253225
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック