2007年09月26日

ロサンゼルスとニューヨークのアパートメントホテル

今、ニューヨークに出張中。

自分たちでもシェアハウスを運営しているので、
ニューヨークで一般化されつつあるアパートメントホテルに
調査もかねて滞在している。

しかし、泊まってみてつくづく、

「ロサンゼルスにあるうちのシェアハウスっていい!!」

って思ってしまった。

きっとここが悪いわけではない。
多分、ニューヨークではこんなもんなんだろう。

ヒルトンが600ドル(今日現在)もする場所で
この価格なんだから多少の我慢はするもんなんだろう。

でも、

場所はハーレム。

いくらニューヨークの治安が良くなったとは言え街灯は少なく、薄暗い雰囲気。
ちょっと不気味。

実際、昨日の夜中3時ごろ、アパートの目の前で喧嘩騒ぎで警察が来る。

ベットはダニが発生、2時間でかゆくなる。
滞在者はドアをバンバン鳴らし、良く寝れない。

説明もあまりちゃんとされず、
備品は何を使ってよくて何を使っちゃまずいのか良く分かんない。。。

まあマンハッタン内にあって交通の便が良いので
そこは良い点なのだが。。。もう少しは期待していたかな、正直。

自分のところと比較してみると、随分うちの質は高い(と思う)。

house70.jpg

治安は良いし、ベットの質もそこそこ高い。
閑静な住宅街にあるので静か。

リビングにはでっかいテレビもあって便利。
なにより清潔。

「2週間以上の滞在が必要」、というしばりはあるものの、
価格もほとんど一緒。

短期留学生や留学生の生活準備拠点としては最適な場所。
これなら、「うちは最高だぜ!」って、自信を持って言えるなあ。

滞在先は留学生にとって非常に重要な要素であり、
勉強に集中するための必須条件。

だからこそ快適に暮らす環境を整えてあげたい。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5595791
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック