2012年07月26日

アメリカ学生ビザ申請体験記

長期留学する場合、大体どの国でもビザの取得が必要になりますが、その取得難易度は、経験上主要留学国の中ではアメリカが一番厳しいと思います。

先日、離婚したばかりで、婚期の女性がお子様と一緒にハワイ留学、しかも一度申請を却下されているというスーパー難易度の高い案件をお手伝いしたのですが、これはこれは大変でした。

一度目の却下理由は「アメリカ国外との強い関係を示せななかったこと」

最申請の時は却下理由を覆すような何かしらの書類の提出が不可欠ですが、聞いても、留学後に日本に帰ってくる強い理由を示すような物証は所持していない模様。

そこで嘘にならない範囲で日本での将来計画を、その根拠を、ストーリーだてて準備し、資料を作りこんでいきました。

ないなら作るしかないので・・・W

また、面接で聞かれたらどう答えるか?
そこまで練習を重ねていきました。

しかし、それでも再申請だし、正直、通るかは5050


が、、、、

今日、お客さまの米国学生ビザの再申請が通ったと
連絡がありました。

これは非常に嬉しかった!

改めて、ストーリーの重要性や一貫した資料作成が重要だと再認識しました。

posted by YOHEI at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ただの日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57259927
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック