2013年02月08日

アメリカコミュニティーカレッジの違った顔

アメリカはやはり教育制度も日本とは異なる部分がたくさんある。

いろいろあるが、今日は「コミュニティーカレッジ」について。

コミュニティーカレッジ(以下、カレッジ)は取得出来る学位が準学士(Associate degree)である事から、
日本にいる時は単純に短期大学みたいなものをイメージしていた。

それはそれで間違いはないのだが、
深く知るとそれだけはないことが分かる。

と言うのもカレッジには2つのコースがある。

■1
編入プログラム (Transfer Program)
米4年制大学への編入を目的に、大学学部課程の1、2年次に相当する一般教養科目を
中心に学ぶコース。

カレッジのある州内の大学へ編入する場合は、取得したほとんどの単位を移行出来簡単に編入手続きが可能。
準学士が取得出来るのもこのプログラム。

アメリカは学費が高いので、最終的に超難関校に通う予定の人も、
はじめの2年はカレッジへ行き、3年次から目標としている大学に編入するケースも多々ある。


■1
職業訓練コース(Technical Program
職業に直結するスキルを身につけることができる。
Certificate Program
とも呼ばれ、日本で言えば「公立の専門学校」のようなイメージだろうか。

通常1年間かかるものが主流だが、取得するメジャーによっては3ヶ月程度で修了可能なものもある。

修了時にはCertificate(専門課程修了書)を取得することができる上、
メジャーによってはOPTOptional Practical Training)がゲット出来、有給インターンシップの資格が出来る。

 

このコースがアメリカに来てから非常にびっくりした。

 

英語で専門的な勉強が比較的安く勉強出来る上、コースによっては

働く資格までが得られるからだ。



自分はアメリカに行ってから分かった教育制度の違い。
日本にいるうちから知っていれば留学計画も変わったと思う。

 

だからこそ皆さんには知ってほしいと思う。

 

今までもこれからも留学説明会は積極的にやっていきたい。

 

posted by YOHEI at 12:02| Comment(3) | TrackBack(0) | ただの日記
この記事へのコメント
Last a few years has been to Ibiza, so met a person there whose style of presentation is very similar to yours. But, unfortunately, that person is too far from the Internet!…
Posted by maillot de foot at 2013年07月11日 09:11
Many thanks for an amazing publish, may read your particular others posts. thank you your thinking on this, I soon became a lttle bit made an impact to by this article. Thanks again! You earn a good time. Has wonderful data here. I believe if more people thought of it doing this, they’d possess a better time period receive the hold ofing the matter.
Posted by maillot de foot enfant at 2013年07月12日 07:31
Read, of course, far from my topic. But still, we can work together. How do you feel about trust management?!…
Posted by soccer jerseys at 2013年08月03日 05:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/62174822
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック