2010年04月06日

留学生は人材として価値があるか?

「海外から帰ってきた留学生は果たして人材として価値があるのか?」



留学は自分の価値を高めるためのもの。

しかしそうできない人が多々いるのも悲しい現実です。



昨日、良く会食をする経営者の2人とこんな会話がありました。



「最近、留学生を2人採用したんだけど、2人とも2週間で会社に来なくなった。

 オーストラリアとサンフランシスコの留学生なんだけど、2人とも2週間後に

 また戻ってくるってことで、それぞれの国に帰ったんだよね。

 でも、3週間たっても会社で見ないから、スタッフに聞いてみたら、

 止めました、、、と。」



 現地で結婚する、だの、就職が決まっただのわけの分からん理由で会社を辞めたら
しい。

 

もう、その会社では「なんて常識のない。留学生はもう雇わん!」となったらしい。



そこで一応は留学のプロということで、自分に聞かれた。

「留学生はみんなそうなの?」



自分の答えはこうだ。



「みんながみんなそうではないと思う。

 ただ、アメリカ人のラフさを変な風に解釈してアメリカの悪い部分だけを

真似してしまう若者が多いのも事実かもしれない」



例えばこうだ。



「ロサンゼルスに住む人は残業しない。」



誰が言ったのか、こんなのが常識になっていたりする。



確かに人口で言えば、日本に比べて残業する人は少ない。



でもそれが全員ではない。

自分の大手監査法人に勤めるアメリカの友人は3日間寝ないで仕事する日もある、と
いう。

他にも毎日のように残業している友人も多々いる。



アメリカは貧富の差が激しい国。

特に移民の多いロサンゼルスではその差が激しい。



少なくとも経済的に成功を収めているトップ10%のうち、かなり多くの人にとって残
業は普通のことだ。



確かに日本人との人口分布図で言えば、残業人口は圧倒的に日本人の方が多い。

でもだからといってロサンゼルスの人がみんな残業しないか、というとそうでない。

(金銭的に)成功している人は少なからず努力をしているのだ。



ようは、どこに基準を合わせるか、だと思う。



あなたはトップ10%に合わせるか、それとも

(差別的に取らないで欲しいのだけど)日本人のように恵まれた教育を受けてこれ
ず、

体を使って出稼ぎに来ている人に規準を合わせるのか。





この会社で働いた留学生は、そういう意味では

アメリカの悪い部分を真似してしまった人たちかもしれない。



自分は、残業=良いこと、としているわけではないが、努力する人には肯定的。



アメリカはビジネス的にみても本当に素晴らしい国。

だけど本当にすごい人、それはホンの一握り。



だけどせっかくだからその一握りの真似をして欲しいよね。



せっかく自国を離れて勉強しに来ている。

言葉だけではなく、卒業資格やサーティフリケートだけでもなく、

何が何でも、アメリカの良い部分を盗んで帰ってもらいたいものだ。

2009年10月28日

ロサンゼルス便利帳100名様にプレゼント!

benricho.jpgこんにちは、ロサンゼルスインフォのYOHEIです。

さて、このたび、ロサンゼルスに特化した生活立ち上げに便利なガイドブック
「ロサンゼルス便利帳(全464ページ)」が完成しましたのでお知らせします。
http://www.los-info.com/school/benricho/
(↑ここから買うと有料になるので注意!)

・日本語が通じる病院
・自動車免許の取り方
・警察など各公共機関の利用方法
・学校の情報

など、観光ガイドブックにはない、
生活する人にスポットを当ててます。

この本定価は22.50ドルですが、
今回、皆さんに100冊をプレゼントすることにしました。


ただし、、、、

無料と言ってもお送りするとなると送料がかかります。

よって対象は次回のロサンゼルスインフォの東京サポートセンターまで
取りにこられる方に限らせていただきます。
(太っ腹なんだかケチなんだか・・・笑)

ロサンゼルス現地留学説明会に参加されても、
オフィスまで遊びに来られても、
またはカウンセリングでもなんでも良いですが・・・

欲しい方はメールでも電話でも声をかけてください。

■ロサンゼルスインフォ東京サポートセンター
〒101-0041 東京都千代田区神田須田町2-19 D2ビル8階
TEL:050-5532-5112(JP) FAX: 03-5501-9941(JP)
mailto:info@los-info.com
【営業時間】午前11時〜午後8時(日本時間)

■次回のLA/NY現地留学説明会(11月14日 残席7名)
http://www.los-info.com/school/event_seminar.html
※参加者全員に「ロサンゼルス便利帳」をお配りします。


なお、本メール「100名様にロサンゼルス便利帳プレゼント」は
以下の方に先行してメールをお送りしています。

・私のブログやメルマガを読んでいただいている方、
・今までにお問い合わせいただいた方

せっかくなので、優先して読んでいただきたいので。

第2陣のメールは11月5日頃に、一般に公開。
ロサンゼルスインフォのHP上で、
MIXIやらチラシやらで一斉にご案内する予定です。

はじめての試みなので分かりませんが、恐らく
100冊はすぐになくなると思います。
欲しい方は、お早めにご予約くださいね。

(無論、11月5日の一斉告知の前に100冊の予約が入ったら
その時点で、無料配布は終了します。)

なお、遠方の方でどうしても、東京サポートセンターまで行くのは
無理だけど、 どうしても欲しいという方。

そんな方は個別におっしゃってください!

無料という訳にはいきませんが、
超割引980円でお譲りいたします。

ご希望の方は、以下のフォームよりご返信ください。

【返信フォーム】〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
お名前:
ご住所:
ご連絡先:
メールアドレス:
支払い希望方法:(クレジットカード、銀行振込み、代金引換)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

なお、LA/NY現地(裏)留学説明会、
今回11月14日(土)は私が講師をします。

そちらでお会いできれば、、、、嬉しいです。

それでは!

2009年07月20日

日本からの国際電話を劇的に安くする方法!

最近いろいろな新たなプロジェクトに進出し、大忙しの毎日。

しばらくぶりの記事ですね。



※今回は新サービスの告知です。



ロサンゼルスインフォのホームページ上では数日前から公開していたのですが、

実は最近すごいサービスを発見したんです。



感動したので、すぐに皆さんにもご利用いただければ

と思って、皆さんに告知できるように代理店になったので、

今日はそのご紹介をさせていただきますね。



ずばり!



日本からの国際電話を劇的に安くする方法!

(いっぱい使う人向け)



このサービスを使えば、ロサンゼルスにいる私が携帯で、

日本の番号にかけた日本の友人からの電話が出れるのです。



何をいってるのか分からない?



つまり私のアメリカの携帯電話は310-938-●●●●です。

が、このサービスを利用すれば、これに加えて03-6868-●●●●という日本の番号も

つけれるのです。



皆さんは03-6868-●●●●を日本で鳴らしていただければそれが

転送されてアメリカの私の携帯がなるのです。



もちろん電話をかける人の料金は日本の国内料金のままです。

いくらかけても国際料金は無料です。



さて、国際電話の常識を変えるこのサービス、

ロサンゼルスにいる我々はいったいいくら払うの?



1万円、2万円?



ノンノン、なんと月14.99ドルです。



安いでしょ。

どれだけかけても14.99ドルですよ。



日本からこれからアメリカに留学する予定の方は

ぜひ先に加入して、お友達に、家族に、彼氏彼女に教えておきましょう。



詳細はこちら↓

http://www.los-info.com/personal/brastel/brastel.html

2009年07月06日

日本からの飛行機チケットを安く買う方法。

今回、お客様のために成田発ロサンゼルス行きの

往復チケットの料金を調べた。



そこで分かったことがある。



・トラベルコちゃんなどの格安チケット購入サイトで調べる

・HISなどで調べる



上記の方法で調べた結果、

お盆前の高い時期でもあったのだが、17−8万円もするとのこと。



しかし、あまりにも高いので、ロサンゼルスにあるIACEトラベルで

料金を調べてもらった。



結果13万円台。



5万円近い差額。



まあ、予想はしていたが、ここまで差があるとは。



お盆は日本だけのことなので、アメリカ側からみたら普通の日。

なので、この料金が出たのだ。



というわけで皆さんも覚えておこう。



チケットを購入する際には、購入場所によって

時期による高さを回避できるかもしれないってことを。

2008年11月21日

ボランティア検索サイト

アメリカでボランティアを探すのに便利なサイトを紹介。

ZIPやシティーを入れると近隣のボランティア募集クラシファイドが見れます。

■Volunteer Match.
http://www.volunteermatch.org/

医療系が多いみたいですね。

2008年09月25日

ロサンゼルスからニューヨークまでグレイハウンドで!

昨日、お客さんから質問を受けた。

「ロサンゼルスからニューヨークまでバスで行きたいのですが、
どうしたら良いですか?

語学学校の先生からは1-2週間はかかると言われたのですが、
本当にかかりますか?」

と。

そんな時に便利なバス、グレイハウンドトを紹介しておきましょう。

自分も学生時代にアメリカ1人旅をした時に使いました。
貧乏旅行だったのでホテル代けちって移動中のバスで寝たナー。

グレイハウンドのことを調べるのにはこのサイトが便利。
http://www.greyhound.com/home/

行き先を入れればルート検索をしてくれて、
かかる日にちや料金を検索してくれる。

ちなみにロサンゼルスからニューヨークまでの最短距離は
2日半、料金は200ドルちょっとでした。

安い時期の飛行機とあまり変わらない感じですね。

ぜひ使ってみてください。

2008年09月12日

アメリカ州ごとの光熱費比較

ちょっと面白い情報を入手したので紹介しますね。

アメリカの光熱費を州ごとにランキングしたものです。
2006年のデータです。
(このランキングは、一般世帯の電気代、ガス代などの平均です)

第1位 ハワイ州 $272.91  
第2位 ニューヨーク州 $260.05
第3位 コネチカット州 $251.34
第4位 マサチューセッツ州$243.68
第5位 バーモント州 $229.39
・・・・
第24位 カリフォルニア州 $163.08
・・・・
第46位 テキサス州 $134.42
第47位 ノースカロライナ州$133.30
第48位 ジョージア州 $127.30
第49位 ユタ州 $125.88
第50位 サウスカロライナ州$120.50

ニューヨークは家賃だけでなく、光熱費も高いですね。

ロサンゼルスのあるカルフォルニア州は24位で真ん中ぐらいですね。
家賃ランキングもそれほど高くないですし、思ってた以上に
住みやすい州のようですね。

2008年06月19日

ロサンゼルスで交通違反したらどうなる ?

「ブッブッブーーー!!」

というサイレンにドキっとしてルームミラーを見てみると
青色と赤色のランプを光らせたパトカー。

「車を止めなさい!」とアナウンス。

「ゲ…、やってしまった…」
顔面蒼白…。

車社会のアメリカに違反チケットはつきもの。

じゃあ、捕まるとどうなるの?

っというわけで、以下にその例を挙げてみますね。
以下は7月より改定後の罰金例です。

■1. Car pool lane - 1st time $1068.50 starting 7/1/08 (The $271 posted
on the highway is old). Don't do it again because 2nd time is going to
be double. 3rd time triple, and 4th time license suspended.
→カープールレーンを走ると1000ドル意所の罰金。。。

■2. Incorrect lane change - $380. Don't cross the lane on solid lines or
intersections.
→危険な車線変更、380ドル

■3. Block intersection - $485
→交差点ブロックしてしまうと485ドル

■4. Driving on the shoulder - $450
→路肩運転450ドル。

■5. DUI = JAIL (Stays on your driving record for 10 years!)
→酒飲んだ運転したら牢屋行き。

■6. As of 07/01/08 cell phone use must be 'hands free' while driving.
Ticket is $285. They will be looking for this like crazy - easy money
for police department.
→運転中の携帯電話、285ドル


結構罰金高いでしょ?
注意してくださいね。

2008年05月12日

家でガソリンを作る機械!

yu_efuel.jpgこれ、おもしろい。

E-Fuelという会社が自宅でエタノールを精製する機械、
「EFuel100 MicroFueler」を発明・販売を開始した。

このエタノール、ガソリン代わりになって
車に給油できるらしい。
http://www.efuel100.com/

原料は砂糖とイースト菌、水、電機。

機械自体の価格は9995ドル。
まあ、すごい安くはないけど、本当ならいいよね。

最近はここロサンゼルスでも1ガロン4ドル近くまで
ガソリン代が高騰しているから、需要あるかも。

単純に考えて、これ自分が買うならお隣さんとかも
巻き込んで10家庭ぐらいで買う。
1000ドルぐらい出しあってね。

これが広まると、ゆくゆくは今あるガソリンスタンドも
これ使いはじめたりして・・・。

場合によっては家庭ガソリンスタンドなんてのも出来ちゃって。

んで、価格破壊が起こり、ガソリンの価格も下がる。

いいね。


密かに広まることを期待しよう。

宣伝、宣伝!

2007年10月03日

ロサンゼルスの治安事情

winmail.dat
今日はUSC(カルフォルニア州の私立大学)の横を通った。

このエリアは基本的に危険地帯とされており、ここのUSCの生徒
以外の日本人はあまり近寄らない。

でも流石、天下の金持ちエリート校USC。
このまわりだけなんだか綺麗な街並み。

すげえな。

道一本隔てると治安相当悪そうなのに・・・



そう、ここロサンゼルスは全米ベスト10に入る
治安の悪いシティーが5つある。

治安が良くなってきたといっても
やはり悪い部分は悪いのがアメリカ。

やはり日本と違って貧富の差が激しい分、
貧しいエリアの治安は悪い。

しかし!!

びっくりするデータがある。

全米ベスト10に入る
治安が良いシティーも4つあるのだ。

つまりは、

ロサンゼルスは危険なエリア?

ノンノン・・・

じゃあ安全なエリア?

ノンノン・・・

超〜治安の良いエリアと、
超〜治安の悪いエリアが混在している。

それがロサンゼルスなのだ。


当然この辺は安全。この辺は危険。
ある程度の傾向はあるものの、道一本隔てて治安が逆転する場合も多々ある。

家探しや、通う学校などを決めるのも
ある程度ロサンゼルスエリアについて詳しい人に先に聞いてからにしようね。

2007年10月01日

人種差別

今回のニューヨーク出張で気づいたこと。

アジア人への差別はロサンゼルスよりニューヨークのほうがひどい。

そのほかにも日本人留学生にとっては
ロサンゼルスに比べると厳しいことが多いであろう。

コミュニティーが一箇所に固まっていないこと。
物価が高いこと。
人が冷たいこと。

などなど。

慣れればどっちもどっちなのかもしれないが。

2007年09月26日

ロサンゼルスとニューヨークのアパートメントホテル

今、ニューヨークに出張中。

自分たちでもシェアハウスを運営しているので、
ニューヨークで一般化されつつあるアパートメントホテルに
調査もかねて滞在している。

しかし、泊まってみてつくづく、

「ロサンゼルスにあるうちのシェアハウスっていい!!」

って思ってしまった。

きっとここが悪いわけではない。
多分、ニューヨークではこんなもんなんだろう。

ヒルトンが600ドル(今日現在)もする場所で
この価格なんだから多少の我慢はするもんなんだろう。

でも、

場所はハーレム。

いくらニューヨークの治安が良くなったとは言え街灯は少なく、薄暗い雰囲気。
ちょっと不気味。

実際、昨日の夜中3時ごろ、アパートの目の前で喧嘩騒ぎで警察が来る。

ベットはダニが発生、2時間でかゆくなる。
滞在者はドアをバンバン鳴らし、良く寝れない。

説明もあまりちゃんとされず、
備品は何を使ってよくて何を使っちゃまずいのか良く分かんない。。。

まあマンハッタン内にあって交通の便が良いので
そこは良い点なのだが。。。もう少しは期待していたかな、正直。

自分のところと比較してみると、随分うちの質は高い(と思う)。

house70.jpg

治安は良いし、ベットの質もそこそこ高い。
閑静な住宅街にあるので静か。

リビングにはでっかいテレビもあって便利。
なにより清潔。

「2週間以上の滞在が必要」、というしばりはあるものの、
価格もほとんど一緒。

短期留学生や留学生の生活準備拠点としては最適な場所。
これなら、「うちは最高だぜ!」って、自信を持って言えるなあ。

滞在先は留学生にとって非常に重要な要素であり、
勉強に集中するための必須条件。

だからこそ快適に暮らす環境を整えてあげたい。

2007年08月13日

普通の携帯電話かプリペイド携帯電話か?

普通の携帯電話かプリペイド携帯電話か?

何を基準に選ぶか。
それは滞在期間と通話量がその基準になるだろう。

まず、結論を言えば普通の携帯電話契約は1年間契約となるので、
4ヶ月以下の滞在期間の場合はプリペイド携帯電話であろう。

携帯キャリアによっては緊急帰国時対応措置として
早期解約ができる制度もあるが、それでも4ヶ月間の利用は
最低でも義務付けられている。

無論1年以上の滞在の場合は普通の契約が無難。

「勉強しに来たからあまり電話は利用しない」
という人もいるが、自分の知る限り99%の人が、
最終的には普通の携帯電話を利用したほうが安く済ませられる。

微妙なのは6ヶ月〜10ヶ月ぐらいの場合。

早期解約制度があるキャリアを選ぶのは当然のことだが、
この制度がいつまで適応になっているかは保障ができない。

もしこの制度が使えなくなった場合、半年で帰国した場合、
残りの契約期間分の料金を払わなければいけないので
大体40ドル×6ヶ月分のリスクを背負うことになるわけだ。

その他の判断基準は以下のとおり。
参考まで。

【通話料金】
プリペイド携帯電話の通話料金は1分10〜20セント程度。
普通の携帯電話の場合、通話料金は選ぶ月額料金プランに起因する。

例えば39.99ドルで平日通話時間 400分で平日夜間・祝日は無料。
といった感じ。

無料通話分があるので、たくさん話す人にとっては断然お得。

【初期コスト】
プリペイドの場合、初期コストは30〜150ドル程度。

メジャーな携帯キャリアを選ぶと本体代が発生するので、
Virgine mobileのようなメジャーキャリアのアンテナを借りて運営している
ような携帯会社を利用すると安くすむ。

ちなみに普通の契約の場合、携帯電話は無料〜。

【契約期間】
プリペイド期間の場合契約期間に制限はない。
一般の携帯電話は最低1年間の契約が必要。

 ※ただしキャリアによっては緊急帰国時対応措置
として早期解約ができる制度もある。

2007年04月30日

ロサンゼルスの面白いお店「HOOTER'S」

今、日本はゴールデンウィーク。
まあ我々ロサンゼルスに住むものには関係ないが、、、

今、1歳と5歳の子どもを持つ、
兄の家族が日本から遊びに来ている。

朝早く空港に迎えにいき、
今もハリウッドあたりを観光中。。。

今は、時差ぼけでホテルで休んでいる兄家族を
待ちながら、ちょっとスタバで小休止。

さてさて、今日は昼飯で行った、
ちょっとロサンゼルスの面白いお店をご紹介。

「HOOTER'S」

はアメリカっぽいチェーン店。
ファミレスみたいなところ。

hooters.jpg

ロサンゼルスに来たらぜひきて欲しい店のひとつ。

最近ラスベガスにもHOOTERSホテルができるぐらい
メジャーなお店で、日本のお客様を連れてくると喜ぶ。

何が面白いかって、まず、女の子が体操着みたいな
かっこで対応してくれる。

(あ、でも決してやましいお店ではないので
勘違いしないでくださいね)

hooters2.jpg

また、日本の常識ではありえないほど(やりすぎなぐらい)、
フレンドリーで自分たちのテーブルに座って注文をとるわ、
スタッフ同士でものの投げあいがはじまるわって感じで、
なんでもあれ的な店。

注文はレールに吊るされた伝票をお客様の前で飛ばしてとる。
これは見ないと想像がつかないと思うが、とにかく面白い。

男はもちろんのこと、女の子も、日本とのギャップを楽しめる。

一番メジャーな場所で言えば、ハリウッドの
チャイニーズシアターの前にあるので、
ぜひロサンゼルスに来たときは立ち寄ってくださいな。

うん、たまにはこういう現地情報も流そう。。。

hooters3.jpg

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■ロサンゼルスインフォのYOHEIに直接コンタクトする↓↓
こちらから

2006年10月20日

本当のロサンゼルス

ロサンゼルスってどんなところ?

仕事がら日本から来る留学生には良く会うが、
多くの留学生が、予想していたイメージとは違う
「本当のロサンゼルス」に驚く。

ほとんどの留学生はロサンゼルスといえば綺麗な青い海と空。
そこでローラーブレードをする白い金髪のアメリカ人。

ビーチ側に住む高級住宅街。
確かにハモサビーチや、サンタモニカビーチなどにはそんな風景もある。

想像している町並みもこん感じ?
front_load.jpg


でも。。。全然違う!!

いや、それは言い過ぎか。。。
全然違うわけではないけど、それはほんの一部でしかない。

こんな綺麗な通りはロサンゼルスの中でもごく一部。

アメリカは2%の富裕者が50%以上の富を握る国。
低所得者の人がめちゃくちゃ多いのだ。

昨日ロサンゼルス短期滞在型アパートメントホテルで使う家具を購入しようと、
ダウンタウンの側を車で走らせていた。

ダウンタウンと言えば治安が悪い場所が非常に多い場所。
リトル東京のまわりも最悪。

写真はその風景1シーン。
picture.jpg

見てもらえば分かると思うけれどかなり治安も悪い。

ちなみにここは上の写真の場所から車で5分の距離。
日本ではあり得ないけど、ここは高級住宅地と廃墟が隣接するのだ。

また「人種のるつぼ」と呼ばれるだけあって、アジア人、ヒスパニック系
など様々な人種が行きかう。
イメージの良い白人は20%もいない。

これが「本当のロサンゼルス」

ご存知の通り自分は留学エージェントをしている。

でも、イメージが良いところだけを伝え留学への欲求を駆り立てる。
そういうカウンセリングの仕方はしたくない。
期待値が大きい分、後でショックを受けるだけだから。

でも。それでも留学はすべきだと思う。

人生80年。やはり1年ぐらいは違う世界を見ておいた方が良い。
日本とは違う世界。日本が世界の当たり前ではないから。

私たちの仕事。
本当のロサンゼルスを伝えることでもあると思う。



2006年09月18日

ロサンゼルスに帰ってきたら・・・

ようやくロサンゼルスに帰ってきた。

帰国したその日から日本からのお客さん3日連続アテンドで
今日になってやっと落ち着けた感じ。

やはり2年ちょっとすんでるともうここが自分の家。
ここが一番落ち着く。

でも帰ってみたらひとつだけ大変なことが。

なんと、自分の車が車上荒らしに!

さすがコリアタウン。
駐車場に入れてたのにやられてしまった。

被害は割られた後ろの窓、ナビ・ステレオ。
修理代も含めて総額約1,000ドル。

結構痛い・・・
特にナビは買ってまだ3ヶ月ぐらいしか経ってない…

なんでもロサンゼルスは年間7台に1台、
車上荒らしにあっているとのこと。
ちょっと不注意だったなー。

最近アラームが壊れてしまったんだけど、
ちょっと修理をおこなっていてなおさなきゃー
と思ってた矢先の出来事。

だから余計悔しい。

しかしロサンゼルスってやっぱり怖いよね。
ロサンゼルスはアメリカでも最も安全な市が多い場所で
あるのと同時に最も危険な市も多い場所。

生活していくには本当に注意が必要だ。







2006年07月15日

無料で日本に電話できるチャンス!!

SKYPEが7月29日と30日、アメリカから日本への発信する通話を無料にするキャンペーンをするらしい。

本当にIP電話は便利だからみんなもこれを機会にどうぞ。

2006年05月11日

ロサンゼルスから1分10セントで日本の携帯電話に電話

そのうち裏情報に掲載すると思うけど
YAHOOがスカイプアウトみたいな機能をはじめたよね。
ようはYAHOOチャットから一般電話に電話ができる機能をつけたらしい。

これ携帯電話への通話料金がかなり安い。
1分あたり10-11セント程度らしい。

これはスカイプよりもどんなコーリングカードよりも安い。
音声を試してみる必要はあるが、もし問題がなければ
かなり使えそうだ。








2006年05月04日

ロサンゼルスの結婚式

今日は友人の結婚式。
アメリカ人男性と日本人女性の結婚式。
正直あまり仲が良くない友達ではあったが…

そんで今日の結婚式。
アメリカと日本の結婚式はやっぱり違うな
というのが本音。

ロサンゼルスでも何度か結婚式に参加したが、
正直それなりの層の人たちだったので、
結婚式もそれなりのものだった。

でも今日の結婚式は日本のものと比べてしまうと
ちょっと質素だった。

もちろん質素だからと言って式自体が悪かったわけではないよ。
気持ちの伝わる良いパーティーだった。

でもね。
ここで考えてしまったことが1つ。

アメリカの結婚式の習慣は貧富の激しい
アメリカにとってはちょっと厳しい。

どういうことかと言うと、

日本の場合は披露宴の参加者が1人3万円とかの
ご祝儀を包んでくれるでしょ。

だから100人のお客さんを呼んだら300万円はバックを計算した上で
式を開くことができるよね。

でもね。アメリカはご祝儀がない。

つまり結婚式を豪華にすればするほどただただ出費が出て行くだけ。
参加者からプレゼントはもらえるけど、お金でプレゼントされることは
滅多にない。

高級レストランでやろうものなら大変、
数百万円程度の出費はすぐに出てしまうのだ。

なので、今回のような若い夫婦の場合、
当然蓄えもそれほどないだろうからあまり豪華な式はできないんだよね。

別に豪華な結婚式が必ずしもいいとは思わないけど、
やっぱり女の子にとって結婚式は一大イベント。

参加者が払うっていう日本の結婚式の仕組みはいいな、
と思った今日でした。




















2006年04月11日

最近買いつけ事情

ここ数ヶ月、
ショッピングサイトを立ち上げるという
話があったので、買い付けなどの話に敏感。

ロサンゼルスではダウンタウンの5th,6thあたりに
安い買い付けをできる場所があるらしい。

今度いってみよう。