2006年05月15日

「裸でいれる場所」ロサンゼルス

最近、ロサンゼルスの良いところがやっと分かって来た気がする。
天候が良い、のんびりしている風土が良い。
うん、良いところはたくさんある。

でも本質的なところで言えば、
ロサンゼルスは「裸になれる場所」そんな場所。

今、出張で大阪(日本)にいる。
街行く人は綺麗な女の子が多く、行き交う人はみんなおしゃれ。
みんなきりきり歩き、他人の話題に話が盛り上がる。

ロサンゼルスは本当に一握りの人を除き、
それほど格好も気にせずに、のんびり暮らしている。
化粧をしなくなる日本人の女の子もたくさん。

正直「本当にこの人たちこのままで大丈夫っ?」
て言うぐらい、のんびりと何も考えてない人も多い。

逆に日本は人目を気にしていかなくてはいけない場所。
他人の評価を気にして生きていくていく場所。
普通に生活していても将来を気にせざるを得ない場所。

ロサンゼルスの留学生が日本に帰国した
後、このギャップに苦しむ人が多い。
先日こっちで会った、帰国したばかりの友人もそうだった。

でも「郷に入りては郷に従え」
ちゃんと人はその場所に適応するのだ。

どんなにのんびりした人でも
格好が変わり、生活のテンションが変わり、
将来のことについても考えはじめる。

時にはその環境の違いが、
「良いと思える価値観」さえも変えてしまう。

どちらが良いかという問題ではない。
自分は日本も好きだし、ロサンゼルスも好き。

でも思うのはロサンゼルスで過ごした日々は
きっとその人の本性。

日本ほど、他人の目も気にしてかっこつけなくていい。
日本ほど、将来のことも考えず、
日本ほど、急がなくていい。

すべてが「裸の自分」(に近かった)だったと思う。

ロサンゼルスで生活しているときの自分のスタイル。
日本で生活しているときのスタイル。
みんな違う。

自分は人並みに人目を気にしていきていきたいし、
将来のことは考えて生活していくべきだと思うし、
それなりに焦りを覚えるぐらいの生活が好きだ。

だから両方の良いところを融合させていきたいと思う。

でもどっちが「リアル?」
どっちが「好きっ?」て言われると、
最近はロサンゼルスって答える。

本当の自分が見れるところだから。

将来、日本に帰国することになったとしても
自分の裸は失いたくない。

そして日本に帰国した方へのメッセージ。

ちょっとだけ胸に留めておいて欲しい。

「日本に帰ったら現実にかえったわー。」

良く耳にするこの言葉。
でも、ひょっとしたら日本にいる自分が
本当の自分じゃないのかもしれない。

きっと君が笑ってたもの
怒ってたもの、泣いてたこと、感じたこと、
その時感じた価値観が本当の自分かもしれない。

もしそう感じたのであれば、その感覚をずっと大事にして
いて欲しい。











2006年04月29日

スタッフの育て方

4月から新スタッフが働いてくれている。

当然経営者としては、
スタッフをどのように育てれば最も効率的な組織が
作れるかを考えていかなくてはいけない。

ここで考える。

自分は部下を「育てるべきなのか」

教育、つまり研修などを施したり、
小さなことまで厳しく指導していく必要があるのか。

最近思うのだ。

自分は入社して4年間。死に物狂いで働いたが、
それは自分のボスから与えられていた
「最高の成長する環境の中で」のことだった。

良く良く考えれば自分は細かいやり方に関しては
何も言われていなかった気がするのだ。
目標を与えられ、仕事の種をくれた。それだけだ。

「ようへいくんこんなプロジェクトがあるけどやってみる?」

これだけ。

確かに厳しくもされた。
ティッシュの箱を投げつけられ、就業中に携帯電話で
話すぎて、端末を壊されたこともあった。

でも、厳しくしかられたのは自分が
遅刻したり、締切りに遅れたりと
ビジネスマンとして常識外のことをしたときだけだった。

最近「育てる」というのは
「場を与える」ということのような気がしてきた。

また自分の後ろ姿を「みせる」ということなのかな、
という気もしてる。

最近入ってきたスタッフは非常に優秀で、
「こんなこともやってたの?」
と結構びっくりさせられることが多い。

自分とは全然タイプも違うが、自分のフォローをしてくれる
大変優秀なスタッフだ。
教えるどころか彼女から学ぶ部分も多い。

今、彼女には今まで一緒に働いてきたスタッフとは
違う方法で接している。

今までは口うるさく指導してきた。
それがその人のためになるとも思っていた。

でも最近はちょっと違う。
「場を与え」、「やって見せる」あとは「見守る」
ということを実践しようとしている。

たまに抑えられなくなるときがくるけど、
一応やろうとはしている。

結果は誰にも分からない。
人によっても違うのだろう。

できるかな?
やり続けれるかな?

今後が楽しみだ・・・



























2006年04月14日

企業経営って

今月からロサンゼルスインフォに新しいスタッフが増えた。

先週から働きはじめくれているのだが、
すごい仕事も早くて助かる。

企業にとって採用は将来を決める大きなファクター。

私が考える企業経営とは以下の通り。

1、ビジネスの形を作る。
2、それを誰にでもできる仕組みを作る。
3、ビジネスを人に任せる。
4、微調整をする。
5、次のプロジェクトに投資をする。

これが最近はやっとできるようになったと思う。
そして次はこういう人間をどうやって生み出していくか。

投資、ビジネス作り、投資の繰り返しで会社を
大きくしていくのだと思う。

ビジネスをはじめて6年。
やっと気づいた。。。

2006年03月29日

ここが正念場!

ブログ、大分さぼってしまった。
今日の日記はちょっと暗め。

最近ね。
やっぱりひとりでできることには限界があるんだな。
ってことを思い知らされたんだ。

ロサンゼルスインフォは、ロサンゼルスの中で、
恐らく3番目ぐらいの留学代理店(数で言えば)。

アクセスも順調に増えて、
らららのイベント「FINE NIGHT」とかのサポートもしたり、
某企業のマーケティングコンサルをしたり、
大学生のインターンシッププロジェクトを手伝ったりと
インターンシップのコンテンツ作りを手伝ったりと、
いろんなことをやってきた。

なんだかんだで少ない人数で
この会社をまわしていて、少数精鋭だー。
なんて思ってた。

でもね。最近ちょっとダメだ。

最近、やることが増えすぎて、すこしづつ
プロジェクトに遅れがでてきつつある。

正直ブログでこんなことを書いていいのか分からない
けど、ちょっと自分のやってきたやり方に少し反省。

会社をはじめて1年。

やってきたことには自信があった。
すべて予想通り言ったし、采配もズバズバ的中。
波に乗っているのも事実だけど。

本当にここで引き締めないとって思う。

今は猫の手も借りたい。
ひとりでは何もできないことを今になって知らされた。

会社を立ち上げたのだから忙しいのはあたりまえ。
でもやりたいことやってるんだから自分はそれでいい。

でもやっている以上、巻き込んだ人たちとの約束を
守る。これがビジネスであり、信頼。

ここが正念場!!






2006年03月03日

口コミが起こるという考え

自分は古いタイプの経営者かもしれない。

今でも、良いサービスさえ提供していれば客は増えると思っている。

うちは広告費はゼロ円だ。
「お金」の代わりに「知恵」を絞りだし、
以下にお金を使わずに人の目に触れられるかを日々考えている。

でもそれ以上にもっとも考えていることは「サービスの質」。


今日もオフィスに学生さんたちが来た。
中にはロサンゼルスインフォの客ではない人たちもいる。

彼女たちはロサンゼルスに来たばかりで、
車の借り方とか携帯電話についてだとかをいろいろと
聞きたいとのこと。

実は私、WEB以外にも
MIXIで「ロサンゼルスに留学したい」
というコミュニティーを立ち上げているので、
結構この手の質問や訪問も多い。

だから結構仕事以外のお客さんからの
質問などにも答えててる。

この子達も実は他のエージェントさんを
使ってロサンゼルスに来た子たち。

こんな言い方をしてはなんだけど、
経営者としては「お金」にならない子たちなんだな。。。

でもね。

困っている人たちをほっとけるわけもなく、
また、腐敗した留学業界を変革に挑戦している
ロサンゼルスインフォとしては当然のごとく
いろいろやってあげちゃうわけです。

インターネットも無料で貸し出し、
お茶も出し、質問にも答えてあげるわけですね。

ひょっとすると、私はアホな経営者かもしれません。

ちょっと利口な経営者ならば、
「お金にならない客は相手にしてはいけない」
というのかもしれません。

でも、いいじゃないですか、それで。
そんな気がしてます。

きっと彼女は友達を呼んでくれるさー、
と楽観的に考えれるようにしよう。

ロサンゼルスインフォは確実に口コミで広がっています。
ロサンゼルスインフォは確実にお客さんが増えています。

きっとやれますよ!

広告費にはお金はかけません。
豪華なオフィスもありません。
かけている費用はサポートをする人材面とオフィスだけです。

でも、だからこそお客様にも手数料が無料でできるのです。

口コミです。
友達の紹介です。

だから私たちはサービスにこだわります。
多分、私はダメ経営者です。

でもロサンゼルスで一番お客様のサポート力を入れている
留学エージェントだと思います。

この方法で留学業界を変えたいと思っています。
応援よろしく!








































2006年02月10日

外国人の増加

法務省によると、日本の外国人登録者は2004年度末で197万人。
10年間で61万人も増加したそうだ。約30%の増加。
すごい増加スピードだ。

この動きは恐らくずーと続くと思う。
でも別にこれはいいことだと思う。

日本が生き残るためには
外国人・外国資本との共存しか道はないと思うからだ。

日本は最近景気はぼちぼち良くなったけど、
人口統計上、保険や社会保障費の増加、労働力の低下などに
より、このままいけば未来は明るくない。

でも若い外国人がどんどん入る。
また外国人資本がどんどん入ることによって
日本の市場は明るいまま保ち続けられるかもしれない。

っていうか、すでに外国資本はかなり入っているが…







2006年02月05日

リーダーとは?

ボスは彼の部下を操作する。
 リーダーは、部下をコーチする。
 
ボスは自分の権力に頼る。
 リーダーは善意の上に立つ。
 
ボスは恐怖を引き起こし、
 リーダーは情熱を引き起こす。
 
ボスは「私」という言葉を使い、
 リーダーは「私たち」という言葉を使う。
 
ボスは故障した罪を負わせてくるが、
 リーダーは、故障を修理してくる。

ボスは自分がどうやってやったのか知っているが、
 リーダーは、どうやるのかを見せることができる。

ボスは「行け。(GO)」と言うが、
 リーダーは、「一緒に行こう!(Let’s go!)」と言う。


引用:"Developing the leader within you"
   著:John C. Maxwell 
   出版:Thomas Nelson Publishers
   発行年:1993年

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
共感する部分が多かったので友人の
ブログから抜粋。

思えば私の尊敬する上司もそうであった。

私もリーダーでいたい。
そう強く願う今日このごろ。